<< 横浜での妄想世界 | main | 横浜でカレーうどんを作りたい >>

横浜に私は住んでいた

0

    確かに私はあなたの側で永遠を感じたので
    夜空を燃やして私は住んでいた、私は愛している

    横浜はその部分がちょうど壊れた心ではないと感じています。

    最初のスタートは、分かれて感じられるものです
    私の最愛の人が真ん中から亡くなったと感じます。

    悲しみと現実を完全に捉えられない女性の気持ち
    なぜ歌う気がしないの?

    横浜が愛を表現しているかどうか私を許してください。

    まず、歌詞に句読点が付いているのは不自然です。
    それは手紙のように見えます。

    横浜はちょうど壊れた心の歌であるので、
    私はもっと違ったことを感じます。 〜circuを知っていますか?

    私は詳細は知らないが、パントマイメで有名な有名な男性2人。

    横浜の非公認キャラクター『ぼらジロー』

    yokohama65hu * - * 14:00 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ